高齢者の男性機能が低下する理由はコレステロール値?

血管内壁にコレステロールが付着すると、血流が悪くなります。
血管が狭くなるので血流が遅くなりますし、何より血中脂質が多い状態なのでドロドロなのです。
血中コレステロール値は高齢者になると増えやすいので、若いころからの食事制限が必須となります。
食事制限と聞くとダイエットを連想する方が多いでしょうが、適正カロリーを維持する意味合いもあります。
人間にはそれぞれ適正カロリーがあり、それ以上のカロリー摂取をすると太ってしまうのです。
肥満になると血中コレステロール値を高めますし、高齢者に多い高血圧、糖尿病などのリスクも高めます。
高齢者になると男性機能が低下するのは、血管年齢の老化が一番の原因です。
年齢を重ねることで血管が老化するのは必然ですが、速度を遅らせることは可能です。
若いころから脂肪分の摂取を抑えて、野菜を多く食べる食生活を実践しましょう。

男性機能と血管年齢はほぼ比例すると考えていいでしょう。
高齢者になっても絶倫で夜の生活を頑張っている方は、血管年齢が若い傾向があります。
食生活に気を配っていますし、適度な運動、質のよい睡眠など、健康生活を心がけています。
普段から健康対策をしておけば、生活習慣病を防ぐことができるのです。
生活習慣病とは日々の生活の積み重ねにより発症する病気であり、生活習慣の乱れを知らせてくれる症状でもあります。
特に男性機能を低下させやすいのは、肥満と脂質異常症、糖尿病です。
これらの症状は動脈硬化を促進させて、血管年齢を老化させるのです。
高齢者になっても精力絶倫を目指す方は、20代から食生活を整えておきましょう。
運動は無理にする必要はありませんが、週に3回程度はウォーキングなどの軽い運動を行いたいものです。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme