男性機能に影響するホルモン不足

ストレスや環境などに男性機能が下がってしまいます。精子の数や質、男性機能そのものの機能が低下してしまった場合、考えられるのが男性ホルモンが不足していることあげられます。
とくに男性ホルモンのテストステロンというホルモンが不足することによって男性にとってさまざまな影響が身体に表れてしまいます。
不足することによって起こる症状としては、性的欲求や勃起力の低下など精力が低下してしまう、精子の数や質が低下して生殖機能が衰える、血流が悪くなったり、動脈硬化や疲労感、内臓脂肪が増える、筋力が低下するなどの肉体的な症状から、イライラや不安、やる気が出ないなど精神的にも影響を及ぼしてしまいます。
男性機能が低下するには運動不足やストレスによって血流が悪くなるなどさまざまな原因がありますが、男性ホルモンには血流を維持して勃起を促す、興奮作用のある物質を増やすなどの働きを持っています。つまりこれが不足してしまうと血流が悪くなってしまい、性的欲求や興奮などもなくなり勃起不全を引き起こしてしまいます。
不足してしまった場合には、分泌を促すことが大切です。分泌を促すにはシトルリンやアルギニン、亜鉛などのサプリメントを摂取することをおすすめします。
また、食事から改善していくためには男性ホルモンの分泌を抑制してしまう大豆イソフラボンの含まれた豆類や豆乳などの食材は避けて、ニンニクやタマネギ、ニラ、ネギなどのほか、納豆やヤマイモ、オクラなどのネバネバした食材、鶏肉や卵などのタンパク質などをバランスよく摂取していきます。
ほかにも、質の良い睡眠をとる、運動をして血行を良くしていくことが男性機能の回復に役立つとされています。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme